たとえお酒の席だとしても、言い過ぎは禁物

帰って来て早々に、「部下を泣かせた」と告白がありました。
楽しいはずの送別会の席でのことです。
何を言ったのかと聞いても、本人は覚えていないのです。
最悪です。
泣かせるのは良くないと言っても、「男があんなことで泣くもんじゃない」の一点張りです。
感じ方は人それぞれだから、と優しく諭しても無駄でした。
お酒の力も借りて、いつも以上の頑固な主人になっていたのです。
もうお手上げでした。
そのため、今晩はもう聞くのをやめました。
主人が冷静なときに、もう一度泣かせた経緯について聞いてみることにしたのです。
そして翌日です。
再度聞いてみましたが、やっぱりよく覚えていないとのことでした。
ただ、仕事に対しての考え方が甘いんじゃないか、という内容の話はしたそうです。
ちょっと言いすぎた部分もあったと認めてくれました。
その言葉を聞いてホッとしました。
彼とは、今の部署にいる限り、これからも一緒に仕事をしていきます。
それなのに、ギクシャクしたままでいてほしくないのです。
今回の件も含めて、うまくフォローしてあげてほしいと思います。
部下の方も、言われたことをバネにして、大きく成長してほしいです。
どうか二人が仲良くやっていけますように。

花粉アレルギーがひどくなり屋外運動が厳しくなる

 昔はよく屋外でジョギングやダッシュ練習をしてよく運動していたものですが,いつの間にかそういう事もしなくなりました。
いつまでしていたのかなと記憶を紐解けば,子供達が小学生を卒業するまででしょうか。
 区民体育大会なる小学生と地区に住む大人たちが合同で行う運動会が年1回あり,自分は毎年リレーに借り出されていきなり本番で走ると肉離れとかに不安があったので,幸いにも近くに運動公園があったため1ヶ月前から慣らしトレーニングを始めたものでした。
ダッシュも少しずつ距離を延ばして練習すると,脚が慣れてきて後半にも加速できるようになるものです。
 子供が卒業してからは縁遠くなっていましたが,町内会の役員を務めた時に人不足から走る事になり,事前に少しは練習したのですが大会史上?初めて抜かれそうになって焦り,バトンパス前で大転倒したのが全力疾走の引退レースでした。
 今年還暦になる今でも走ってみたい気持ちはありますが,屋外で運動するのに適した季節に花粉アレルギーが年々ひどくなり,ここ10年ほどは屋外運動をしていません。
 血液検査データが悪化してきたのも,その時期からです。

新しいパソコンは快適に動作しているので安心しています

新しく購入したゲーミングモデルのデスクトップパソコンでありますが、快適に動作していて正常に処理もしているので安心して使用でき1週間ぐらいは様子見で使っていこうかなと思っています。今の所は何も異常がエラーも起きてないのでホッとしております。自作で作ったデスクトップパソコンではないのでパコンパーツ同士の相性の悪さから起きる不具合とかエラーとかはないかと思いますが、念のため確認しておく必要もあるので冷静かつ慎重に使用していこうと思っています。

購入したゲーミングモデルのデスクトップパソコンは価格が25万円前後したものとなっていて買ってから数日しか経ってないので買いたてであります。スペックや性能はかなり優れていて多目的に使用する事ができオンラインゲームも快適に動いてくれるため、ストレス無くオンラインプレイを楽しむ事ができます。今まで使っていたデスクトップパソコンはサブ機として使用していて今の大切に使っている感じであります。

共働きをしたことがないんですけど自分にはできる気がしません

働いて家に帰って子供の面倒みて家事をやるなんてそんなことできないと思うんですよ。そんなにパワフルじゃないし絶対どっちかしかやりたくないんだけどと言い出しますね。たぶん仕事やめて家のことに専念したいと言う気がします。

ずっと家にいて子供の世話をするのもまたしんどいけれど共働きよりは楽だと思うんですよね。というか共働きをしたらもちろん夫にも家事や育児をしてもらうつもりなんですけど現在夫はほぼノータッチだから分担をしているシーンを想像できません。
なので今私がやっていることを引き続きやりつつ仕事をやらなきゃいけないんだなと考えてしまうんですよね。そうして自信をなくします。

いやいやできない、絶対できないできないですよ。だいたいまず夫がいまいち家事をしなくてイライラして喧嘩になると思うんですよね。嫁が全部やっていたことをいきなり分担しましょって言ってすぐにできるわけがないしそもそも嫁がやるべきじゃない?なんて考えていそうです。

もうね、はっきり言いたい。あなたが家族全員しっかり養っていけるお金を稼げるならそれでいいんですけど違いますよね?だから私も働くんですからあなたも頑張るの当たり前ですとはっきり言いたい。
夫だけでなく世の中の共働きなのに家事育児をしない男性にも言いたいですね。昨今は女性の負担大きいですよ。

BSジャパンの「あの年この歌」で中森明菜さんの裏話を知る

 先日BSジャパンの番組「あの年この歌」という昔の歌を振り返る番組を見ました。
スタジオゲストにアルフィーの坂崎さんや高見沢さんを迎え,音楽評論家と共にある年に焦点を当てて音楽シーンを分析するのですが,前回は昭和57年にスポットを当てていました。
 松田聖子さんが全盛期でその後出てきた小泉今日子さんや堀ちえみさんなどアイドルの楽曲を取り上げ,その後反動で出てきたワル系?の楽曲を紹介していました。
聖子さんを始めアイドルがいわゆるぶりっ子路線で売り出していたのが,シュガーの「ウエディングベル」や今だったらストーカーともいえるあみんの「待つわ」などぶりっ子の本音を歌った曲が大ヒットになった年でもあったそうです。
風俗や校内暴力などワルが蔓延していた当時の時代背景において出て来たのが中森明菜さんで,彼女初のビッグヒット「少女A」は最初彼女が歌うのを嫌がった曲らしく,とにかく一度だけでいいから歌ってみてとなだめレコーディングをして,ふてくされて歌ったために彼女のイメージが出来たという作詞家の証言は,舞台裏を知れて興味深かったですね。

インターネットの工事やエアコンの工事の立ち合い

新しい家に引っ越しをしてきて、少しずつ落ち着いてきました。
後は、こまごまとした手続きが残っています。

今日は、インターネットやテレビの工事やエアコンの移設工事の立ち合いをしました。
14時から18時と、長時間にわたって、我が家に工事の担当の方が来ていただき、工事をしてくださいました。

外構工事のお兄さんを含めて6人の方がいらっしゃって、いつになくバタバタしました。
けれど、いろんな手続きを一気に済ませることができて良かったです。

インターネットは、今までレンタルのものを借りて接続していましたが、今回設定をしてもらって、ようやく普通にできるようになりました。
テレビもちゃんと見られるようになりましたし、電話もつながりました。
メールアドレスの設定など、いつも四苦八苦してやるものをさっさとやってくださり助かりました。

エアコンは寝室に付けてもらったので、寝室で寝ることができるようになりましたよ。
よかったです。キレイモ 回数制パック

(作曲家の平尾昌晃さん死去 「カナダからの手紙」など多くのヒット曲手がける)の記事を観て

(昭和の大ヒット曲「よこはまたそがれ」「瀬戸の花嫁」などの作曲で知られる作曲家の平尾昌晃(ひらお・まさあき)さんが21日午後11時40分、肺炎のため都内の病院で死去していたことが22日、分かった。79歳。)私の知って居る平尾昌晃は「星は何でも知っている」「ミヨチャン」を歌って居た頃である。テレビがまだ家にはなくラジオで聞いた覚えが有る。小学校へ歌いながら通った覚えが有る。単純な歌詞の為小学校の時でもすぐ覚える事が出来た、それと曲がなんとまく明るいのが好きであった。その後、作曲家に成ったのを知ったのは、ズーッと後の事である。(五木ひろしに提供した「よこはま・たそがれ」・小柳ルミ子に提供した「わたしの城下町」)が平尾昌晃の作曲とはこの記事を観るまで分からなかった。調べてみたら平尾昌晃の作曲のヒット曲の数の多さにビックリした。懐かしい歌、歌手の名前がぞろぞろ出て来た、何と偉大な人だったんだろうと驚く次第です。ご冥福絵お祈ります。べるたこうそ 産後

雷の鳴るギリギリ前に帰宅することができて洗濯物がセーフでした

昨日は天気がそこそこ良かったので、お洗濯を外に干したまま産婦人科に行ったり、そのまま買い物に行って帰って来たのですが、帰り際に天気が怪しくなって来ているのを見ました。積乱雲が発達して来たのかなと思ったので、慌てて家に帰って洗濯物を真っ先に入れました。
私は雷が大っ嫌いで、雷がなると何もできなくなってしまうので、洗濯物は雷がなる前に入れてしまいたかったのです。
実際に家に帰って20分後に雷が鳴り出したのでちょうどいい時間に帰ることができました。
洗濯をたたんでいる間に雷が鳴り出したので、洗濯物も途中止まりながらたたんで、天気予報を確認すると、あと30分ほどで積乱雲が一番近くに接近する様子だったので、一番窓から遠いお風呂に避難しようと、シャワーを浴びることにしました。実際にシャワーを浴びて出てくると、雷はおさまっていて、天気も回復傾向にあったので、本当に運がいいなと思いました。何はともわれ洗濯物が無事で良かったです。

子供の名前を考えているとすごく面白いです。

旦那と子供の名前を考えるのが楽しくて仕方ありません。
いくつか候補を出したりしているのですが、最近は胎動が強くなってきたので、試しにその名前を呼んでみて、胎動で返事してくれたものにしようかとやってみました。
5つくらい候補があるのですが、「マナト」だけは反応してくれず、それ以外は全部蹴ったのでびっくりしました。夫は逆に蹴らなかった「マナト」が良いのかななんて言っていたのですが、あと100日ほど時間があるので、その間にまだまだじっくり考えたいと思います。
私の今の一番の候補は那由多です。私も彼も理数系の出身ということもあるのですが、大きくいろんなことを吸収してくれたら良いななんて思いを持ちながら、那由多という響きも気に入っています。周りの友達にその話をしたら、意味がよくわからないとも言われました。「那由多」はあまり聞いたことがないものなのですね。確かに学校では兆くらいまでしか習いませんもんね。他にも旦那は良い名前を考えてくれているので、まだまだこの悩む時間も楽しみたいものです。

女子力アップのお誕生日プレゼントをもらいました。

お誕生日が近いことを知ってくれていたお友達が、わたしにお誕生日プレゼントを買って来てくれました。
母親になってから、自分の誕生日だなんて、すっかりお祝いすることもないぐらい忘れてしまっていたので、
本当に嬉しかったのです!
渡してくれた袋には、ロクシタンという字が入っていました!
昔、わたしが愛用していたのを覚えていてくれていて、それを買って来てくれたので、こりゃまた驚き、本当に嬉しくて涙が出ました!
最近、育児と仕事で女子力低下していそうだったから、あの頃を思い出してほしくて!と、笑いながら言われ、確かにそうだなぁ。と思いました。
ハンドクリームなんか、塗らなくなりましたし、ほとんど疲れた顔しているのですから。
香水をつけないぶん、ハンドクリームで香るのもお洒落だもんね!と言ってくれました。
たくさん考えて、選んでくれたことを知り、本当に友達の大切さを感じました!
明日から、わたしもこれを使って、女子力をアップさせたいと思います!