貸金業者というのは契約をするときに色々と

貸金業者というのは貸付契約を締結しようとする時には、債務者を含む契約型の契約内容をしっかりと事前に書面にて交付する義務を持っています。どんなものを記載しなければならないのかと言いますと貸付の金額貸付の利率返済の方式返済の期間と返済回数、賠償額の予定がある場合においては、遅延損害金などになります。遅延損害金ということのは、要するに損害金に関する金利になります。貸金業者というのはかなりしっかりとした法律によって規定がされているわけであり、これをしっかりと守るということか必要になっています。後は返済を求めるときなどにおいて取り立て行為をするわけですが、複数人でいってはいけない、ということもありますし、夜中に電話をしてはいけないとかそういう細かいこともしっかりと決まっているのです。昔はこうした規制が緩くてどうしても怖いというイメージがあったのです。しかし、今ではかなりしっかりと規制をされています。