梅雨の湿度の高さは紙にも顕著に現れますよ

梅雨に入ったと感じる事のひとつに,紙や段ボールなどが軟らかくなる事があります。
ひどい日には印刷用紙などはシワが寄るほどで,プリンタに詰まってしまう事も度々あります。
また段ボールのような分厚い物でも張りが無くなって指で押すと引っ込むほどで,荷物を入れて持ち上げると変形する事もあります。
その軟らかさ具合で当日の湿気を感じられるほど顕著なので,いわば湿度計のセンサーになっています。
秋の雨が強い日でもそのような状況にはならないので,本当に梅雨の湿度は飛び抜けて高いのでしょう。
屋外で風があれば湿度も下がるのではと思うのですが,あまり風が吹かないことも梅雨の特徴かもしれません。
迷惑極まれる梅雨ですが,田畑を潤し夏の水不足を解消するなど助けてもらっている側面もあり,大事な季節のひとつです。
ただ近年は全国各地で集中豪雨による被害が発生しており,梅雨も熱帯化しています。
今年も降りすぎず降らなさすぎずでお願いしたいものですね。